Q&A

パパ活がしたい女の子の探し方とは?|20代の女子大生と出会える方法

どもどもっ!

女の子大好き!性欲の塊、ゴリ夫です!

 

さて、今回のテーマは「パパ活」についてです!

最近ではちょくちょく耳にするようになったパパ活。興味がある人も多いんじゃないでしょうか?

 

でも、そもそもパパ活がしたいって女の子はどうやって探すのか?どこで出会うのか?

ていうかパパ活って何?っていう人も多いハズ。

 

ポチ太
オイラはなんとなく援助交際みたいなことなんじゃないかって思ってるっす!
援助交際か。

まぁ間違っちゃいねぇけど合ってもいねぇってところだな!

ゴリ夫

 

というワケで、この記事ではパパ活女子の探し方や、パパ活がどういったものなのか、詳しく解説をしていきますね。

 

それじゃあ早速、イッてみよう!

 

そもそもパパ活って何をするの?

さて、まずはパパ活がどんなものなのかを説明していきますね!

 

「んなもん分かっとるわ!」

って人は飛ばしちゃっても大丈夫ですよw

 

パパ活=援助交際ではない

「パパ活」と聞くと援助交際を言い換えたものだと思っている人も多いかもしれませんが、元々のパパ活というのは援助交際とは別モノです。

 

援助交際というと、金銭を渡すことによって肉体関係を持つことができる関係、つまりは売春のことを言います。

あ、ちなみに売春というと違法行為と思っている人も多いかもしれませんが、個人同士での売春は違法ではないですよ。

 

違法になるのは「管理売春」といって組織的に営利目的で売春を行ったり、18歳未満の女性との関係による「児童買春」を行った場合です。

つまり、18歳以上の女性と個人的に売春を行うことに関しては違法となりませんので、援助交際も違法ではないんですね。

 

 

話を戻しますが、じゃあパパ活=援助交際でないのなら一体何をすることなのか?

 

簡単に言うと、プラトニックな関係、つまり肉体関係無しで金銭を渡すことをパパ活と言います。

ただデートをするだけとか、ご飯を食べに行くだけとかで女の子にお金を渡したりプレゼントを渡したりするんです。

 

肉体関係が無いのにメリットがあるのか?

若い人には肉体関係が発生しないパパ活に何のメリットがあるのか良く分からないかもしれませんね。

まぁ俺も若いワケじゃないですが、性欲が有り余ってるので同じくメリットを感じないんですけどねw

 

でも40代とか50代の人には、例え肉体関係が無くても若い女の子とデートするだけでも嬉しいって人が結構いるんですよね。特にある程度お金持ってる人は。

 

若い女の子と遊ぶことで元気を貰えるとかもありますし、ステータスとして若い女の子と遊ぶ人もいる。

若い女の子がいるだけで華になるとかっていうのもありますね。

 

普通に生活していても、40代や50代のオジサンが若い女の子と知り合える機会なんてほとんど無いので、金銭を渡してでも一緒にいてもらう、それが本来のパパ活なんですね。

イメージとしては、キャバクラの同伴を一般の女の子とするみたいな感じです。

 

でも今のパパ活では肉体関係も?

・・・と、ここまで本来のパパ活について説明してきましたが、現在一般で使われている「パパ活」というと、肉体関係も含める場合が多いです。

 

まぁ、なんだかんだ言って、結局は援助交際と同じになっちゃってるんですよねw

 

「援助交際」って言うと、さっき説明であったように違法なイメージを持っている人も多いですし、「パパ活」って言った方がなんとなく“いかがわしさ”が薄れる気もしますからね。

 

実際に俺も何度かパパ活女子に会っていますが、肉体関係込みで会ってますしw

全部の女の子がそうだとは言えませんが、パパ活=肉体関係だと思っている女の子は多いですよ。

 

パパ活目的の女の子と出会う方法は?

さて、ではパパ活を目的としている女の子と出会うにはどういった方法があるでしょうか。

順番に解説していきますね!

 

その1 キャバクラで出会う

1つめの方法として挙げられるのは「キャバクラで出会う」という方法です。

 

お気に入りのキャバ嬢と仲良くなって、店外で関係を持つってことです。

高級店だと女の子のガードが固いので難しい場合が多いですが、大学や専門学校に通っている女の子が多く在籍しているような店だと割と簡単にいけますw

 

何度かお店に通って、同伴やアフターを繰り返し、徐々にパパ活へとスライドさせるんです。

とは言っても、お店側としては下手したら女の子が辞めてしまう事にもなりかねないので、その辺は気をつける必要がありますね。

 

その2 風俗で出会う

2つめの方法は「風俗で出会う」という方法です。

 

これもやり方としてはキャバクラのパターンと似ていますね。

ただ、風俗の場合はそもそも同伴やアフターができない場合がほとんどなので、女の子から連絡先を聞く必要があります。

しかし、お店のルールで連絡先を聞くことも禁止されている場合があるので、風俗の場合も何度か通って女の子と仲良くなる必要があります。

 

狙い目としては、キャバクラと同様に大学や専門学校に通っている女の子が多いお店、若さ(ロリ系)がウリのお店がいいですね。

 

女の子と仲良くなってしまえば、キャバクラよりも早く肉体関係に持ち込むことができるのがメリットではないでしょうか。

 

その3 出会い系で出会う

3つめは「出会い系で出会う」という方法ですね。

 

1番確率が高く、さらに女の子を見つけるまでの時間も1番早いです。

なぜなら、そもそもパパ活相手を探すために出会い系を使っている女の子がいるから。

 

出会い系って昔から援助交際の相手を探すためにも使われていたので、自然にパパ活目的の女の子も使うようになったんです。

 

パパ活で気をつけたい点といえば、さっきも少し話で出てきたように「児童買春」にならないことがありますが、その点も出会い系なら安心。

出会い系に登録するには、電話番号の認証と年齢確認があるので18歳未満はそもそも利用することができないからです。

 

まぁ、こちら側(男側)としても認証が必要なので多少面倒くさいですが、1〜2分で済むことなんで気にするほど面倒くさくはないですよw

 

若くてギャル系の女の子を狙いたいならPCMAX、ギャル系以外の女の子も狙いたいならワクワクメールがオススメですね。

 

その4 思い切ってナンパ

4つめの方法として「思い切ってナンパ」をするという方法があります。

 

・・・まぁ、勇気と自信があればって感じですねw

女の子に声をかける勇気ももちろんですが、「パパ活」として声をかけるワケですから、下手したら警察に通報されちゃうかもしれませんからね。

 

俺にはそんな勇気がないのでオススメはできませんw

 

その5 職場で出会う

最後5つめ、「職場で出会う」という方法。

 

パパ活って「愛人」と同じような感じもあるので、ベタと言えばベタですが・・・。

もし関係がこじれた時に1番リスクはデカイと思いますので、自己責任で・・・といった感じですねw

 

パパ活をするときに気を付けたい事は?

さて、ここまででパパ活女子と出会う方法について解説をしてきました。

うまくいけば20代の女子大生と関係を持つことが可能ですし、場合によっては高校卒業してスグの女の子と仲良くなることもできます。

 

ただし、パパ活をするには注意も必要です。

その注意する点とは・・・

 

ポイント

  1. 女の子が18歳以上であることを確認すること
  2. 肉体関係アリなのかナシなのかを確認すること

 

この2つです。

 

もし女の子が18歳未満だった場合に肉体関係込みのパパ活をしてしまうと児童買春で捕まる恐れがあります。

キャバクラや風俗で年齢を偽って働いている子もいますし、ナンパで捕まえた場合も気をつけなければいけません。

 

最近の高校生とか中学生って妙に大人っぽく見えちゃうので、自己申告で18歳以上って言っていてもアテになりませんからねw

 

 

また、パパ活について肉体関係を考えていない女の子も存在します。

もしこちら側(男側)が肉体関係アリだと勘違いしてホテルに連れ込んで、問題になってしまうという場合もあります。

 

まぁ出会い系で探す時は、女の子が予め「肉体関係無しで」とか書いているのでそこまで心配はいりませんが、トラブルを避ける為にも事前の確認はした方がいいですね。

 

 

パパ活なら30歳以上のオジサンでもモテない人でも、お金さえあれば若くて可愛い女の子とイロイロと楽しむことができます。

ここで説明した事に注意して、楽しく遊べるパパ活女子を見つけましょう!

 

-Q&A

Copyright© 出会いガチャ生活 , 2019 All Rights Reserved.